【投資信託】eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)【投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2020 第1位】【初心者向け】

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

パス
パス

こんにちは、パスです。
今回は、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2020」で見事1位に輝いた「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」について、まとめてみました。

パス
パス

長期の積立投資におすすめの投資信託だと思っています。

コロ
コロ

それにしても名前長いよね!

パス
パス

コロちゃん、ここからはタイトル以外は「全世界株式」で表記しますね!

目次

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」とは

「全世界株式」は、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指したインデックスファンドです。

「eMAXIS Slim」シリーズは人気な投資信託

三菱UFJ国際投信が運用しており、「eMAXIS Slim」シリーズは「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」でも、上位を独占している状況です。

「全世界株式」は、堂々の1位です

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスとは

先進国23カ国と、新興国23カ国の合計して46カ国の市場の銘柄から構成されているインデックスファンドになります。

46か国に分散されているとは言っても、やはりアメリカの比率が半分以上占めています!

新興国は人口も増加していて、経済発展している国がたくさん入ってますね。

安定成長できる先進国リスクはあるが高成長が見込める新興国の組み合わせというところでしょうか。

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスの組入れ上位銘柄

組入れ上位銘柄は下記のとおりです。

上位銘柄の顔ぶれは、アメリカを代表するような企業ばかりですね。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の構成銘柄と比較してみます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-76.png

上位銘柄はどちらもほとんど変わりませんが、1銘柄あたりの比率に注目してください。

「全世界株式」の方が1銘柄あたりの比率が小さいので、より分散されていることがおわかり頂けるかと思います。

下記のグラフは、「全世界株式」「S&P500」のリターンの比較です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-43.png

アメリカの未来を信じるなら「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の方がパフォーマンスは良いと思いますが、よりリスクを分散したい方は、「全世界株式」の方が良いのではないでしょうか。

私が「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」をおすすめする理由

個別銘柄で保有するより管理が簡単

個別銘柄を複数保有すると、管理が大変です。保有企業の最新ニュースや決算情報などを日々チェックしないといけないので、私は多くても個別銘柄は5~6銘柄しか保有しないと決めています。「全世界株式」なら1銘柄だけ持っていれば良いので、管理が随分楽になります。

安定したパフォーマンスが継続できる可能性が高い

全世界株式」の基準価額ですが、2.5年で約20%価額が伸びています。

爆発的なパフォーマンスはありませんが、コロナショックを経ても、安定的な上昇をしています。

また、今後も安定したパフォーマンスを維持できるのではないかと私は考えています。

その理由としては、2060年くらいまで世界の人口は増え続けると言われており、それに伴い世界経済も安定的に伸びる可能性が高いからです。

一人当たりの生産性が上がらなくても、世界の人口が今より増えれば、経済もその分拡大しますよね!

そのため「全世界株式」は、長期での運用に適した投資信託だと考えています。

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」とNISAとの相性は抜群!?

長期での運用に適した「全世界株式」は、NISAとの相性が良い投資信託だと思います。

実際に私は、ジュニアNISAで、同じ「全世界株式シリーズ」である「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」に毎月積立投資しています。

こちらは「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」の第8位の商品ですね!

敢えて全世界株式「オール・カントリー」ではなく「除く日本」に投資しているのは、日本の人口が既に減少局面にあるため、日本の将来的な経済成長に不安があるからです。

このあたりは好みによるところだと思います。

まとめ

「全世界株式」はNISAでも購入できる良質なインデックス投資信託だと思います。

そのため、長期的な資産運用をしたいと考えており、かつ、リスクを抑えて安定的な運用を目指したい方にとっては、検討する価値のある投資信託ではないでしょうか。

パス
パス

以上、今回は、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」について、まとめてみました。少しでも皆さんの参考になれば、幸いです。

パス
パス

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」に投資を検討されている方におすすめの記事はこちらになります。

あわせて読みたい
【初心者向け】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)【投資信託】
【初心者向け】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)【投資信託】パスこんにちは、パスです。今回は私が毎月積立投資している「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」という投資信託について、ご紹介します😊「eMAXIS Slim 米国株式(...
あわせて読みたい
【初心者向け】eMAXIS Slim 先進国株式インデックス【投資信託】
【初心者向け】eMAXIS Slim 先進国株式インデックス【投資信託】パスこんにちは、パスです。今回は私が毎月積立投資している「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」という投資信託について、ご紹介します😊「eMAXIS Slim 先進...

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
パス
こんにちは、パスです。
ブログに訪問頂き有難うございます。
日本株・米国株・投信信託を中心に投資をしています。これから資産運用を始めたいと思う人が、少しでも参考になるような情報を発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる