【投資信託】iFreeNEXT NASDAQ 次世代50【初心者向け】

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

パス
パス

こんにちは、パスです😊

今回は、iFreeNEXT NASDAQ 次世代50についてまとめてみました。
グロース株に投資できる良い投資信託かなと思い、早速楽天証券で積立設定してみました。

目次

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」とは

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」とは、米国の株式に投資し、NASDAQ Q-50指数(円ベース)の動きに連動した投資成果を目指したインデックスファンドです。大和アセットマネジメントが運用しています。

NASDAQ Q-50指数とは

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」の目論見書を見ると、下記のような記述があります。

NASDAQ Q-50指数は、将来的にNASDAQ-100指数への組み入れが見込まれる企業のパフォーマンスを追跡するために設計された時価総額加重型の株価指数です。

NASDAQ Q-50指数は、時価総額でランク付けされた50社の株式で構成されており、コンピュータ・ハードウェアおよびソフトウェア、電気通信、小売/卸売業、バイオテクノロジーなどの業種グループの企業を反映します。

銀行や投資会社を含む金融会社の有価証券は NASDAQ-100指数に含まれないため当該指数にも含まれません。

NASDAQ 100指数はハイテクグロース銘柄中心のアメリカの代表的な指数ですが、それに入る前段階の、更にグロースな銘柄になりますね!

NASDAQ 100指数とそれに連動した成果を目指したETF「QQQ」と投資信託「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」もありますので、記事の最後に参照記事を添付しておきます!

NASDAQ Q-50指数の株価推移

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」は、発売されて日が経っていないため、NASDAQ Q-50指数に連動した商品である、「QQQN」というETFの株価推移をみてみます。

「QQQN」も発売されて3か月程度しか経っていないため、下記のグラフも3か月間のデータになります。

グラフを見るとわずか3か月間で30%程度上昇していることがわかります。「QQQ」は同じ期間に10%弱しか上昇していませんので、すごい上昇率です。

NASDAQ Q-50指数の上位構成銘柄

NASDAQ Q-50指数(QQQN)と比較のために、NASDAQ 100指数(QQQ)の上位構成銘柄をみてみます。

やはり「QQQ」と比べると時価総額の小さな銘柄ばかりですね。

ただ、「ROKU」「CRWD」「TTD」といった業績好調で株価の伸びも素晴らしい銘柄ばかりが上位を占めていることがわかります。

上位構成銘柄1位の「ROKU」については、過去の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
ロク(ROKU)  テレビストリーミング 全米シェア1位【米国株】
ロク(ROKU) テレビストリーミング 全米シェア1位【米国株】パスこんにちは、パスです😊今回は、ロク(ROKU)という全米でビデオストリーミングのシェア1位を獲得している会社の紹介をしたいと思います。ちなみに、私の家族...

私が「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」に投資する理由

パフォーマンスが高い

前述したように、3か月間の比較ではありますが、「QQQ」より遥かにパフォーマンスが高くなっています。

NASDAQ Q-50指数から、仮にNASDAQ 100指数への銘柄移動があっても、また次世代の勢いのある銘柄が採用になると思うので、今後も高いパフォーマンスを維持できると私は思っています。

また、特定のテーマに偏ったものではないため、流行などにも影響されにくいと考えています。

個別銘柄で保有するより管理が簡単

個別銘柄を複数保有すると、管理が大変です。保有企業の最新ニュースや決算情報などを日々チェックしないといけないので、私は多くても個別銘柄は5~6銘柄しか保有しないと決めています。「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」なら1銘柄だけ持っていれば良いので、管理が随分楽になります。

私は、個別銘柄はハイリターンが見込める銘柄しか保有しないので、個別銘柄を2~3に整理できるのではないかと考えています。

リスクが分散できる

グロース株を個別銘柄で保有するとハイリスクハイリターンです。「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」ならリスクをかなり分散させることができます。

もし、現時点で構成銘柄1位の「ROKU」が倒産するような事態になっても、4%程度の下げで済ませることができます。

大きく利益を出すことも重要ですが、それは市場から強制退場させられない事が前提です。

管理費用が比較的安い

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」の管理費用は0.495%です。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」等と比べるとさすがに管理費用は高くなりますが、リターンを考慮に入れると十分安いのではないかと考えています。

まとめ

個別銘柄でグロース株を保有したいけれど、リスクがあるので敬遠されていた方は、検討してみても良いのではないでしょうか。

それを踏まえて、直近の私の投資方針としては、下記のような3本立てにしたいと思っています。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」等の投資信託⇒安定した資産形成
「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」⇒ミドルリスク・ミドルリターン
「個別銘柄」2~3銘柄⇒ハイリスク/ハイリターン

ただ、あくまで直近3か月のパフォーマンスが良かっただけの可能性もあると思いますので、投資をされる際はご注意頂きたいと思っています。

パス
パス

以上、今回は「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」についてまとめてみました。少しでも皆さんの参考になれば、幸いです。

パス
パス

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」に投資を検討されている方におすすめの記事はこちらになります。

あわせて読みたい
【初心者向け】iFreeNEXT NASDAQ100インデックス【投資信託】
【初心者向け】iFreeNEXT NASDAQ100インデックス【投資信託】パスこんにちは、パスです。今回は私が毎月積立投資している「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」という投資信託について、ご紹介します😊「iFreeNEXT NASDAQ100...
あわせて読みたい
インベスコQQQトラストシリーズ1【海外ETF】
インベスコQQQトラストシリーズ1【海外ETF】こんにちは、パスです😊今回は、最高値を更新し続けているインベスコQQQトラストシリーズ1(以下QQQ)についてお話したいと思います。そもそもなんて読むの?コロ...

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
パス
こんにちは、パスです。
ブログに訪問頂き有難うございます。
日本株・米国株・投信信託を中心に投資をしています。これから資産運用を始めたいと思う人が、少しでも参考になるような情報を発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

コメント

コメント一覧 (3件)

  • […] 【投資信託】iFreeNEXT NASDAQ 次世代50【初心者向け】パスこんにちは、パスで… 【初心者向け】高成長の情報技術セクターETF「VGT」【米国ETF】パスこんにちは、パスです。今回は、私が毎月積立投資している「VGT」というETFについてお話します。「VGT」とは何か?「VGT」とはMSCI US インベスタブル・マーケット・情報技術25/50インデックスの…pass-invest.com2020.12.14 良ければ、クリックお願いします↓にほんブログ村株式ランキング 初心者向け 銘柄分析 ETF QQQ 海外ETF 積立投資 スポンサーリンク シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー passをフォローする pass […]

  • […] 【投資信託】iFreeNEXT NASDAQ 次世代50【初心者向け】パスこんにちは、パスで… 良ければ、クリックお願いします↓にほんブログ村株式ランキング 銘柄分析 eMAXIS 投資信託 自動運転 スポンサーリンク シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー passをフォローする pass […]

コメントする

目次
閉じる