プログニー(PGNY) 不妊治療関連サービス【米国株】

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

パス
パス

こんにちは、パスです😊
今回は、プログニー(PGNY)というアメリカで不妊治療に関するサービスを提供している会社について紹介したいと思います。
私もこの会社の株式保有しています!

コロ
コロ

全く聞いたことない会社だけど、パスさんいつもよくわかんない会社ばっかり紹介するよね!

パス
パス

コロちゃん、米国株に投資していなかったら私も知らなかったと思います。でも将来有望な会社だと思うので、紹介していきますね!

目次

プログニー(PGNY)の企業概要

プログニー(PGNY)とは

プログニー(PGNY)は、2008年創立のニューヨークに本社がある、不妊治療に関するサービスを提供している会社です。

Yahooファイナンスには下記のような記述があります。

プロジニーは米国の生殖医療関連サービス企業。事業者に対し、従業員の不妊治療給付管理を行う。不妊治療において専門家と患者との橋渡しをするほか、体外受精や卵子凍結保存など、企業で働く多忙な女性のスケジュールに合わせた処置や効果的な治療ができるようアドバイスやソリューションを提供する。

プログニー(PGNY)は企業向けに不妊治療に関する福利厚生サービスを提供しています。

マイクロソフトやグーグル等アメリカを代表するような大手企業もプログニー(PGNY)の顧客です。

つまり、プログニー(PGNY)フェムテック(Femtech)の企業だということができます。

フェムテック(Femtech)とは

フェムテック(Femtech)とは女性を表す「Female」と技術を表す「Technology」をかけあわせた造語で、女性が抱える健康的な課題をテクノロジーによって解決する製品やサービスのことを言います。

フェムテック(Femtech)といっても、不妊治療、妊娠、育児、女性特有の病気(乳がんや子宮がん等)など様々な分野のサービスがあります。

プログニー(PGNY)が提供する不妊治療のサービスは、フェムテックの中でも注目度が高いサービスになります。

不妊治療とは

不妊治療には、タイミング法や、人工授精、体外受精など原因や状況によって、治療方法は様々です。

日本でも、不妊治療を受ける方は増加していますが、保険適用外の治療も多いため、一般的に費用が高額になる傾向にあります。

例えば、体外受精は、保険適用外で1回あたりの費用が50万円前後かかると言われています。

菅総理が不妊治療の保険適用や助成金の拡大などを進めていく方針を出したことも、皆さんの記憶に新しいのではないかと思います。

プログニー(PGNY)のホームページにも、不妊治療には約7万ドルかかるという記載がありました。

先程も述べたように、不妊治療に対するアプローチは様々なため、プログニー(PGNY)も個人のニーズに合わせた治療方法が選択できるように、様々なオプションが選べるようになっています。

上図もプログニー(PGNY)のホームページからの引用ですが、「IVF」が体外受精、「Egg Freezing」が卵子冷結保存、「Surrogacy」が代理母出産、「Adoption」が養子縁組になります。

養子縁組も不妊治療のオプションの一つとは驚きました!

私がプログニー(PGNY)に投資を決めた理由

私がプログニー(PGNY)に投資を決めた理由は大きくわけて3つあります。

不妊治療の市場が成長していること

世界全体の不妊治療の市場規模は、2018年の約15億ドルから2023年には22億ドルに成長し、年平均で約8%ずつ成長するという予測がされています。

統計によって数字は違ってきますが、世界的な出生率の低下に伴って、高い成長率を維持することは間違いなさそうですね。

北米市場も安定的に成長していく予測がされています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-48.png

不妊治療の市場規模全体が大きくなっているということは、プログニー(PGNY)が将来安定的に成長する可能性も高いのではないかと考えています。

不妊治療に対する高い実績を上げていること

プログニー(PGNY)は、不妊治療に対して高い実績を上げています。

下記グラフを見て頂くと、「miscarriage rate(流産する確率)」が全国平均より30%減少、「live birth rate(妊娠する確率)」が全国平均より23%高いなど、様々な指標で実績を上げていることがわかります。

全米の有力な不妊治療の専門家と患者との橋渡しができる企業なので、患者に最適なケアや治療法が選択できているのではないかと予想できます。

一度契約すれば、契約解除される可能性が少ないこと

企業が優秀な人材を引き付けるためには、給料だけでなく、福利厚生なども充実させる必要があります。

下記の写真は、プログニー(PGNY)のホームページからの引用ですが、手厚い不妊治療の福利厚生を受けるためなら、70%近くの人が積極的に転職すると考えているというデータもあるようです。

こういった分野の福利厚生は、撤廃しようとすると従業員や社会からの大きな反発を受ける可能性が高く、一度契約されれば、簡単に解除されることは少ないのではないかと私は考えています。

プログニー(PGNY)の業績と株価

プログニー(PGNY)の業績

プログニー(PGNY)は、売上高・利益とも急成長しています。2020年第4四半期では、50%近い売上成長を見込んでいます。また、利益は2020年度黒字転換できる予測を立てています。

プログニー(PGNY)のようなグロース企業は、人材や設備投資に利益を回すため、一般的に売上は成長しても赤字な企業が多いですが、既に黒字化を見込んでいるとは素晴らしいですね!

プログニー(PGNY)の株価

プログニー(PGNY)の直近1年の株価の推移です。

売上も急成長しており、利益も黒字転換が見込めることもあって、株価も上昇しています。

特に昨年11月からの約3か月という短期間で株価は約2倍になっています。

まとめ

プログニー(PGNY)の不妊治療サービスという事業は、社会的意義も高く、今後間違いなく成長していく分野だと思います。

そのため、株価は今後も成長していく可能性が高いのではないかと私は考えています。

ただ、直近3か月で株価がかなり上昇しており、割高になっていることも事実ですので、これから投資を検討されている方は、ご注意頂きたいと思います。

パス
パス

以上、今回はアメリカで不妊治療のサービスを展開しているプログニー(PGNY)についてまとめてみました。少しでも皆さんの参考になれば、幸いです。

パス
パス

プログニー(PGNY)のようなグロース企業に投資を検討されている方への、参考記事はこちらになります。

あわせて読みたい
ロク(ROKU)  テレビストリーミング 全米シェア1位【米国株】
ロク(ROKU) テレビストリーミング 全米シェア1位【米国株】パスこんにちは、パスです😊今回は、ロク(ROKU)という全米でビデオストリーミングのシェア1位を獲得している会社の紹介をしたいと思います。ちなみに、私の家族...
あわせて読みたい
ビットコイン(仮想通貨)へ間接的に投資する方法 スクエア(SQ)への投資【米国株】
ビットコイン(仮想通貨)へ間接的に投資する方法 スクエア(SQ)への投資【米国株】パスこんにちは、パスです。最近、ビットコインなど仮想通貨の値上がりが話題になっています。「仮想通貨に投資したいけど、怖いからやめておこう」と思っている方も多...

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
パス
こんにちは、パスです。
ブログに訪問頂き有難うございます。
日本株・米国株・投信信託を中心に投資をしています。これから資産運用を始めたいと思う人が、少しでも参考になるような情報を発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる