3Dプリンター業界への投資【米国株】

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

パス
パス

こんにちは、パスです。
今回は、将来的に市場が急速に成長すると言われている3Dプリンター業界への投資についてまとめてみました😊

コロ
コロ

パスさん、普通のプリンターすら持ってないのに3Dプリンタについて語れるの?

パス
パス

コロちゃん、正直技術のことは詳しくわかりませんが、ARK社から「Big Ideas 2021」というレポートが出たので、それをベースにお話しします。

目次

3Dプリンターとは

3Dプリンターとは3DCADの設計データ(STLデータ)をもとにして、スライスされた2次元の層を1枚ずつ積み重ねていくことによって、立体モデルを製作する機械のことを指します。

薄い層を積み上げる積層方式を基本としながら、液状の樹脂を紫外線で少しずつ硬化させる「光造形方式」や、熱で溶かした樹脂を積み重ねる「FDM方式」など、様々な方式のプリンターが存在します。
(RICOHホームページより引用)

(RICOHホームページより)

確かに私が想像をしているのも、上記のような感じですね!

3Dプリンターの用途

3Dプリンターには様々な用途があります。

試作(PROTOTYPES)⇒工業製品の設計・開発段階において、内部構造や動作状況を確認するための試作品。金型不要で短期間・低コストにて作成、評価でき、製品開発のリードタイム短縮につながります。

金型(MOLDS & TOOLS)⇒射出成形やプレス成形に用いる型(金型)。工業製品の設計・開発段階においては、試作用の簡易型が繰り返し利用されますが、これを3Dプリンターで作成することで、短期間・低コストにつながります。

最終製品(END-USE PARTS)⇒一品ものの特注品、少量生産品、交換部品などの最終製品をダイレクトに3Dプリンターで製造すれば、型の製作工程が不要になり、コスト削減や製造時間の短縮になります。

RICOH ホームページより

3Dプリンタの市場規模と成長性

ARK社のレポートでは、3Dプリンターの収益は減少していたが、今回のコロナ禍で、3Dプリンターの活用用途が広がっていると述べられています。

下記のグラフは株式公開している3Dプリンター企業の売上です。確かに売上は減少傾向ですね。

最近のコロナ禍での3Dプリンターを活用した事例です。

医療の分野だと「Ventilator Valves」人工呼吸器用のバルブや「Emergency Respiration Device」緊急用の呼吸装置等が例としてあげられてます。

「Respirators」防塵マスクなんかも3Dプリンターで作れるんですね!

3Dプリンターの市場規模

ARK社のレポートでは、3Dプリンターはまだ始まったばかりの分野であり、今後は最終製品(END-USE PARTS)の分野のポテンシャルが大きくなると述べられています。

確かに下図をみると、最終製品(END-USE PARTS)の分野は、試作(PROTOTYPES)金型(MOLDS & TOOLS)の分野とは桁違いのポテンシャルであることがわかります。

最終製品(END-USE PARTS)の分野は、2000年代初頭から始まった分野なので、将来性も高そうですね。

今度はどの業界で3Dプリンターが活用されているかを見ていきます。

一番割合が高いのが、航空宇宙分野になります。航空宇宙分野の中で、人工衛星にフォーカスしてみます。

人工衛星は技術の進歩による打ち上げコストの低下によって、今後打ち上げが計画されている数が大幅に増加していますので、非常に未来が明るい分野だと言えます。

「航空宇宙分野」✖「3Dプリンター」、考えるだけでワクワクしますね!

3Dプリンターの市場成長性

ARK社のレポートでは、3Dプリンターの世界での市場規模は今後5年間で毎年約60%増加し、2025年までに120億ドルから1,200億ドルになると述べられています。

この予測通りなら、わずか5年の間に、市場規模が10倍になることになります。とてつもない成長性ですね!

3Dプリンター関連企業の業績と株価

ここからは3Dプリンターの関連企業の業績と株価をみていきます。

3Dプリンターの代表的企業としては、ストラタシス(SSYS)スリーデイー・システムズ(DDD)があります。両社ともアメリカの企業です。

ストラタシス(SSYS)スリーデイー・システムズ(DDD)の業績

上のグラフがストラタシス(SSYS)と下のグラフがスリーデイー・システムズ(DDD)の業績になります。

ストラタシス(SSYS)
スリーデイー・システムズ(DDD)

両社とも売上は減少傾向にあり、利益も赤字になっています。業績はお世辞にも好調とは言えません。

ストラタシス(SSYS)スリーデイー・システムズ(DDD)の株価

それでは両社の株価についてみていきます。

上のグラフがストラタシス(SSYS)と下のグラフがスリーデイー・システムズ(DDD)の株価になります。

ストラタシス(SSYS)
スリーデイー・システムズ(DDD)

両社とも直近1か月で株価が急騰しています。業績は良くないので期待だけで上がっている状態ですね!

先程お話しした2025年までに市場規模が10倍になるという話なら、期待だけで株価が上昇するのも頷けます。

両社とも時価総額は50億ドルにも満たない企業ですので、本格的に3Dプリンターの時代が到来すれば、株価はもっと上昇していくのではないかと私は考えています。

ただ直近の株価は上がりすぎですので、調整が必ずあると思います。これから購入を検討される方は是非ご注意頂きたいと思います。

まとめ

3Dプリンターの業界は、今後活用される分野が増えていくことが予想されますので、これから投資を検討するには面白い分野だと考えています。

将来性のある分野に投資がしたいと考えている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

パス
パス

以上、今回は3Dプリンター業界への投資についてまとめてみました。少しでも皆さんの参考になれば、幸いです。

パス
パス

3Dプリンター業界のような、成長性のある分野に投資を検討されている方におすすめの記事はこちらになります。

あわせて読みたい
【超高パフォーマンス】アーク・イノベーションETF「ARKK」【米国ETF】
【超高パフォーマンス】アーク・イノベーションETF「ARKK」【米国ETF】パスこんにちは、パスです。今回は、私が現在購入検討中のETFであるアーク・イノベーションETF(ARKK)の紹介をしたいと思います。コロ検討するの好きだね!パス検討する...

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
パス
こんにちは、パスです。
ブログに訪問頂き有難うございます。
日本株・米国株・投信信託を中心に投資をしています。これから資産運用を始めたいと思う人が、少しでも参考になるような情報を発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる