GLBE(グローバル・イー・オンライン)への投資~クロスボーダーEC~

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

パス

こんにちは、パスです😊
今回は、クロスボーダーEC向けのプラットフォームを展開しているGLBE(グローバル・イー・オンライン)について、紹介しようと思います。

コロ

まずクロスボーダーECからしてよく分からないだけど。。

パス

コロちゃん、そこも含めて説明していきますね!

目次

クロスボーダーECとは

クロスボーダーECとは、インターネットを通じた、国際的な電子商取引で、企業が自社の商品を自社サイトやECモールなどを通じて、海外の消費者に販売することを指します。ECとは”electronic commerce”(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略称です。

企業が自社ECサイトの多言語化やECモール等に出店する事でより広い市場への進出が可能となります。また、顧客から見ると自国にはない商品を購入可能となり、より消費活動の選択肢が増えることとなります。

あわせて読みたい
越境ECとは?参入のメリットとデメリットを解説【物流用語】 | 物流機器・輸送機器のレンタル | upr

クロスボーダーECの市場規模

クロスボーダーECの市場規模は、2019年の7,800億ドルから、年平均27%成長し、2026年までに4兆8200億ドルに達すると予想されています。

世界的にEC自体の売上が伸びていますが、クロスボーダーECは特に市場が成長すると予測されています。

クロスボーダーECが伸びている背景としては、インターネットやスマホ環境が世界的に充実していることや、新興国でのEC事業が伸びていることが挙げられます。

クロスボーダーECのメリットとデメリット

クロスボーダーECのメリットとしては、下記のとおりです。

・商圏が広くなることで、成長市場を取り込める
・現地での実店舗の運営と違い、大企業でなくてもできる
・インバウンド需要に対応できる

特に日本のような、国内の需要がこれ以上見込みにくい国では、海外の市場にアプローチできるというのは魅力的に感じますね!

逆に、デメリットを上げてみます。

・言語や法律や規制、決済方法や発送手段などを現地の状況に合わせる必要がある
・クレームや返品への対応など、販売に付随する業務が煩雑になる

やはり、デメリットに関しては、国によって商習慣が違ってくるのが大きいと思います。

特にトラブルが起こったときに、現地の法律や慣習が違ってくると、対応するのが難しくなりそうですね。

GLBE(グローバル・イー・オンライン)の企業概要

GLBE(グローバル・イー・オンライン)は、yahoo!ファイナンスに以下のように紹介されています。

グローバル・イー・オンラインはイスラエルのソフトウェア企業。ダイレクト・トゥ・コンシューマー(D2C)のクロスボーダーEコマースを可能とするプラットフォームを開発する。同社のプラットフォームは、多言語設定、販売先市場に合わせた価格設定や決済方法、税金、発送手段、カスタマーサポート、返品管理、為替リスクや不正行為などに対応した統合ソリューションを提供する。

前述のように、クロスボーダーECでは、現地の言語や決済などに対応する必要があるため、それを支援するプラットフォームを提供している会社といえます。

25以上の言語に、100以上の通貨、150以上の支払い方法に対応しているようです。返品や税金関係も対応してくれるようです。

ちなみに、これは支払い方法のデモ画面ですね。

GLBE(グローバル・イー・オンライン)は、ビッグデータを活用することで、消費者の行動パターンやマーケットトレンドを分析して、最適なサービスを提供しています。

GLBE(グローバル・イー・オンライン)のホームページでは、ICONIC LONDON(アイコニックロンドン)というコスメブランドの導入成功事例をあげていますが、ターゲットとした市場で、総広告支出の532%という高い広告収益率をあげることに成功しています。

Foxxy
リキッドハイライトが大人気のICONIC LONDONとは?日本での購入方法
リキッドハイライトが大人気のICONIC LONDONとは?日本での購入方法ICONIC LONDON(アイコニックロンドン)ってどんなブランド? 2015年Jade Elliottによ…

これは成功事例の1つで、既に、forever21や、ヴェルサーチェ等の大手企業も含めて、約440の企業と契約をしています。

また、ShopifyやFacebookというECプラットフォーム企業とも提携しており、今後に期待が持てる企業ですね!

GLBE(グローバル・イー・オンライン)の業績

GLBE(グローバル・イー・オンライン)が業績の指標としているGMV(流通取引額)は、加速度的に増大し、2020年には750百万ドルを超えています。

GLBE(グローバル・イー・オンライン)のMerchantコホートになります。

どの年度に契約した企業も、その後GMV(流通取引額)が成長していることが分かるかと思います。平均すると3倍になっているようですね。

ここで、直近の決算数字を見てみます。

・GMVは、$326Mで前年同期比95%増加
・売上は、$57.3Mで前年同期比92%増加
・売上総利益率は、36.0%(前年同期32.4%)
・EBITDAは、$7.6M(前年同期$3.1M)

売上・利益共に凄い勢いで成長しています。

キャッシュフローに関しては、マイナスだった営業CFが、2019年にプラスになって2020年にはその額を増やしています。

投資CFがマイナスになっているので、積極的に投資をしているグロース銘柄に多いタイプですね。

キャッシュフロー的にも問題はないのではないでしょうか。

GLBE(グローバル・イー・オンライン)の株価

株価も今年5月のIPO以来、順調に伸ばしてきています。

まだ、時価総額は$100億を超えたところなので、まだまだ成長しそうですね!

まとめ

クロスボーダーECは、今後も年平均26%という高成長を続けていく市場であり、GLBE(グローバル・イー・オンライン)もその恩恵を受けそうな企業だと個人的に思います。

時価総額までそこまで大きくない企業ですので、これからの成長が期待できる企業ですね!

※この銘柄購入を推奨しているわけではありません。

パス

今回は、クロスボーダーECのプラットフォームを提供しているGLBE(グローバル・イー・オンライン)について、説明しました。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

バナークリックして、応援頂けると励みになります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
パス
こんにちは、パスです。
ブログに訪問頂き有難うございます。
日本株・米国株・投信信託を中心に投資をしています。これから資産運用を始めたいと思う人が、少しでも参考になるような情報を発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる